4U_UN 国際連合本部

国際連合は1945年に設立され、現在193カ国の加盟国を抱えており、前身の国際連盟が第二次大戦を防止できなかった反省を踏まえ、国際平和と安全の維持を主な活動の軸としている。
本部ビルはアメリカのニューヨーク市マンハッタンの名所としても知られている。
アマチュア無線のクラブ局がビル内に設置されているものの、2001年9月11日に発生した同時テロで市内のワールドトレードセンターが攻撃されて以来、本部ビルの警備が厳重になっており、クラブ局の運営はほとんど行われていない。
もともと日本からアメリカ東海岸との交信は極めて限定されていることもあり、現在では交信が事実上不可能となっている。
私自身も同時テロ直前の2001年2月を最後に、それ以降は交信できていない。


国際連合本部ビルからのアマチュア無線運用が困難を極めている中、2019年8月26日、国連アマチュア無線クラブがFacebookページにて最新の状況を公表した。
これによると、過去アマチュア無線クラブがあった41階のスペースは、国連のBroadcast and Conference Support Section (BCSS) に割り当てられており、BCSSの業務用機材が設置されているため、アクセスが極めて限られているとのこと。
しかし屋上からケーブルを引き込める場所は、ここに限定されてしまっている。
このため、屋上のアンテナの再整備と共に、41階に設置した機材を他の階からリモートで使えるようにするプロジェクトが開始された。
屋上のSteppIR製のバーチカルとコントローラの接続や、リニアアンプの稼働、RemoteRig 1216Hを使った地上階からのリモートアクセスまでは成功したものの、肝心のリグ Elecraft K3 の終段がトンでしまい修理に出すこととなった。
リグの修理が完了し、リモートアクセスの整備が進めば、再び国際連合本部ビルでの運用が期待される。

 

4U_UN

 

FB DX de JH1LPZ

コメント