S0 西サハラ

アフリカ大陸の北西部で大西洋に面しており、モロッコ、アルジェリア、モーリタニアと国境を接している。
1884年にスペインの植民地となり、1975年にマドリード協定に基づいてペインが撤退した直後に、モーリタニアとモロッコによって分割統治が始まった。
西サハラの完全独立を求めるポリサリオ解放戦線は1979年にモーリタニアとの間で和平協定を締結し領有を放棄させる一方、モーリタニアが放棄した領土にモロッコが侵入する事態になった。
モロッコは「砂の壁」と呼ばれる防壁を築いて国土を東西に分断しており、壁の西側にあたる大西洋側の実効支配を続けている。
また壁の東部の砂漠地帯は、ポリサリオ戦線がサハラ・アラブ民主共和国として統治している。
こうした政治情勢のため、アマチュア無線の運用は限定されており、また西アフリカでも最西端に位置するため、日本からの交信は非常に難しい。

 

 

FB DX de JH1LPZ

コメント