P5 朝鮮民主主義人民共和国

未だかつてアマチュア無線の正式な運用が認められていない唯一の国。かつてはアルバニア、ミャンマーなども数十年に渡ってアマチュア無線を禁止してきたが、現在ではいずれも解禁している。
例外的に、国連の業務で平壌に滞在していたジョージア人のEdに2001年から2002年にかけて無線免許が発行されたが、2002年11月22日に説明なく強制閉鎖されてしまった。また、この時も電信の運用は許可されていなかったため、当エンティティと電信で交信した局はいないと思われる。
その後ポーランドなどのグループが免許を求めるため、当局者の前で30分程度のデモ運用を行っているが、いずれも交信数は数十程度に限られており、結局免許の発行も認められていない。このため、2001〜2002年のP5/4L4FNとの交信を逃した局は、DXCC No.1 Honor Roll になることがほぼ不可能な状態が続いている。
なおEdに先立って、1992年にウクライナとロシアのグループによるP5RS7なる局が運用されたが、実際の運用地はロシア沿海州と言われており、当然ながらDXCCには無効である。

 

 

FB DX de JH1LPZ

 

コメント