KH8 スウェインズ島

アメリカ領サモアに含まれる環礁で、およそ2.4平方kmの陸地の中に、海から隔てられた深さ最大12mのラグーンがある。
スウェインズ島は1606年にスペイン人に発見され、19世紀からアメリカ人のジェニングズ家が個人所有している。
ジェニングズ家はかつてココナッツのプランテーションを経営し、島の人口が100名を超えることもあったが、現在は十数名の住民がいるだけと見られている。
正式な領有については長年の間、未確定なままだったが、1980年にアメリカとニュージーランドとの条約でアメリカ領サモアの一部と認められた。
しかしサモア本土よりも距離が近いニュージーランド領トケラウが2006年の住民投票により領有を主張し、いまだに解決はしていない。
アマチュア無線に関しては、2006年にアメリカ領サモアと別エンティティとしてカウントされるようになった。
しかし現地住民の中にアマチュア無線を運用する人はいない。
大規模な無線運用は2006年、2007年、2012年の三回実施されており、それぞれ10万を超える交信数が記録されている。

 

 

FB DX de JH1LPZ

コメント