JX ヤンマイエン島

スカンジナビア半島とグリーンランドの中間、アイスランドの北方に位置するノルウェー領の小さな火山島で、ノルウェー本土からおよそ1,000km離れている。
17世紀にイギリス人によって発見されたと言われているが、その記録は明確なものではない。
その後オランダによって捕鯨基地として使用され、往年には200人が居住するまでになったが、周辺の海域でのクジラの絶滅と共に島は放置された。
20世紀に入ると、島の管轄権が国際連盟によってノルウェーに与えられ、また第二次大戦中は連合国側とドイツ軍とで争奪戦の対象となっている。
現在は少数のノルウェー軍と気象関係者が居住するのみで民間人はおらず、その点では日本の南鳥島に近い位置づけとも言える。
2000年前後には島の関係者の中にアマチュア無線の運用を行っている人がいたため、夏場に交信の機会があったが、現在は誰も無線をやっていないと思われる。
このため私の場合では、2002年の交信後、10年経て2012年に一度だけ交信を行った記録があるが、その後既に8年以上も交信できていない。

 

 

FB DX de JH1LPZ

コメント