JD 小笠原

日本の三つのエンティティの一つ。本土から1,000km離れており、アクセスは船舶に限られている。
1952年に発効したサンフランシスコ講和条約によってアメリカの施政下におかれ、1968年に日本へ返還、東京都小笠原村となった。
アマチュア無線のコールサインは本土と異なるJD1が交付されるが、現在は地元の無線人口は少なく、運用の多くは本土からの移動組によるものになっている。このため欧米からの需要度が高い。

 

 

FB DX de JH1LPZ

コメント